新築マンションの見学会で感じたこと

新築マンションの見学会で感じたこと

新築のマンションを買った叔母の内装を手伝う

私の主人は中国人で私達は日本で生活しています。主人の中国に住んでいる叔母さんが新築のマンションを購入しました。中国ではマンションを購入すると日本とは違い内装は全て自分でしないといけません。もちろん壁紙から何からです。
マンションは新築なんですが箱を買っただけです。
内装は業者に頼んでももちろん良いのですが、それだとやはりすごくお金がかかるという事で自分で出来る所は自分で内装をするのが普通みたいです。
叔母さんも自分で出来る所は自分で全て旦那さんとしたらしいです。

でも叔母さんも叔父さんも仕事をしているので2人だけで内装をするのはすごく大変なので主人の弟が中国にいるのでその弟や主人の両親も内装のお手伝いをしたらしいです。

周りのみんなが手伝うのももちろん当たり前だそうです。
手伝わないのはおかしいそうです。
主人の弟は元々去年までは日本にいましたが、真面目に学校に行かなかったので中国に帰ってしまいました。なので仕事をしていなかったのでそれで暇なら手伝ってという事で弟が中心でお手伝いをしたらしいです。
暇な人にさせるのは当たり前だと思います。2LDKのマンションで値段はそのリフォーム代を合わせてそれに家具などもいれて結局600万円くらいだったみたいです。
日本だとそんな値段で買えません。中国でも主人の地元は田舎なのでそれでその値段で買う事が出来ます。ちょっと都会に行くとそんな値段では絶対に買う事が出来ないそうです。