新築マンションの見学会で感じたこと

新築マンションの見学会で感じたこと

新築のマンションのチラシを見て学んだこと

私の家のポストに新築のマンション分譲中というチラシがよく入っています。多い時は週に3枚くらい入っていることがあります。私の住むアパートは家族で住んでいる方が多いので、そういう人をターゲットにチラシを配布しているのだと思います。私の住む街にもマンションの建設が多くなってきています。眺めの良い川沿いや、利便性の高い繁華街に高層マンションが作られています。チラシにも部屋からの眺めや利便性が良いことを前面に出しているものが多いです。

マンションは2LDKから3LDKくらいまでの間取りが多く、価格は2000から2800万円程度です。
長めに住宅ローンを組めば、月に5から6万円程度の支払いで購入できるようです。

しかし、実際にかかる費用は、ローンの支払いに加えて管理費や修繕費、共益費などがあることも忘れてはいけません。チラシにはその情報はとても細かい字でしか書いていないことが多いので、注意しなければならないと思います。
しかし、そういった費用を払えば、持家と違い自分で管理する必要がない部分が多くなるので、とても楽だと思います。チラシに書かれていたのですが中には、玄関の前にゴミを出しておけば、代わりにゴミ捨て場まで持って行ってくれるというサービスもあるようです。

最新のマンションは太陽光発電の設備があるところも多く、電気代が安いところもあります。また、電気代を戸別ではなくマンション全体で請求するようにしているマンションもあって、その場合電気代の割引があり、電気代が安くなります。オール電化になっているマンションも多く、電気代や水道代、ガス代などのコストを減らすことに力を入れているようです。
要約新築のマンションのチラシから、マンションは管理が楽なことや電気代が安かったりすることなどを学びました。